消費者金融を利用する際の手続き

ロゴ
トップページ
<是非積極的に利用してみては>
多くの方にとって消費者金融と聞くと萎縮してしまうでしょう。 やはり借り手側は何となく後ろめたい気がしますし、罪悪感を感じる方もいるからです。 しかしながらこうした金融業者は、お金を借りてくれるお客さんがいないと経営が成り立たないので、全く遠慮することなどなく堂々と利用すれば良いのです。 利用者の中には残念ながら返済が出来なかったり、多重債務に陥ってしまって二進も三進も行かない方もいますが、あくまでも計画的に利用しているのであれば歓迎されるのです。 もちろんどなたでも消費者金融を利用する事が出来るわけではなくて、しっかりとした審査があるので気に留めておいて下さい。 ただし無人契約機やインターネット上では直ぐに済んでしまうほどのものです。 安定した収入のあるサラリーマンの方や公務員の方などであれば、まず審査に落ちることはないので心配はいりません。 さらにパートやアルバイトの方でも、きちんと収入があれば利用する事は認められるので、是非積極的に利用してみてはいかがでしょうか。 その際に利用出来る限度額だけがここで異なってくるのです。 今は総量規制という法律によって利用額が決められています。 前年度の収入の1/3までが利用限度額となります。 収入が300万円の方は100万円まで、150万円の方は50万円までの利用が可能です。 かつてとは違って無秩序に融資を受けることが出来ないので、無理なく安心して利用する事が出来て大変便利になっています。

<消費者金融の審査ではどんな電話を持っているか?も重要になる>
消費者金融を利用する場合には当然審査があるので、それをクリアしないといけません。 いろいろなことがポイントになりますけど、結構細かい点も重要視されることがあります。 例えば電話はどういったものを持っているか? ということも重要になります。 家には固定電話、そして携帯電話を持っているという方が多いとは思います。 しかし、どちらかしかなかったり両方ともなかったりという方も中にはいます。 そういった方は消費者金融の審査においては不利になることがありますから、注意してください。 固定電話と携帯電話両方持っている方は特に問題ありません。 しかし、どちらかしか持っていないという場合、それが固定電話であれば特に問題はないと思います。 しかし、それが携帯電話の場合はちょっと不利になるかもしれません。 というのも、携帯電話の場合は確実な連絡手段としては期待しづらいからです。 携帯電話は電源を切っていたり、または電話番号が変わってしまったりということがなくはないです。 そういった意味でも、携帯電話では確実な連絡手段としては機能しづらいという事情があるのです。 固定電話の場合は電話番号が変わることもないでしょうし、電源はいつでも入っています。 そのために携帯電話よりは固定電話は持っていた方が良いと思われます。 また、両方とも持っていないという方はそもそも連絡をとることが困難なので、消費者金融の審査においては相当不利な状態になってしまいます。 したがって、最低でもどちらかは購入しましょう。

<借り入れ状況と消費者金融の審査の関係>
消費者金融の審査において非常に重要視されるのが他社からの借り入れ状況です。 お金を借りる時点で借り入れ状況が特にないという方は問題ありません。 また、あったとしても1、2件ならそこまで問題はないでしょう。 しかし、例えば4件以上とか結構多くの会社から借り入れを行っているという場合には非常に厳しいと思われます。 借り入れ状況がどうして審査に影響するのか? というと、ちゃんとその人が返済してくれるか? ということに大きくかかわってくるからです。 借り入れ状況が多いということはそれだけお金に困っているということの証明にもなります。 そして、いろいろな会社からお金を借りていれば、それだけ利息もかさでしまい、より返済に苦心する可能性が高いということになります。 そうなると、そういう状態の人にお金を貸しても、ちゃんと自分の会社に返済が可能なのか? ということを消費者金融会社としても心配をするわけです。 そういうわけで、他社からの借り入れ状況があまりにも多いという方は、それに比例して審査を通過できる可能性は低くなってしまいます。 借金を借金して返済するという悪循環にも陥りやすいので、借りる側からすればどんどん借金の額が際限なく膨らんでしまうという可能性があります。 消費者金融の会社からしても、借り入れがあまりにも多い人というのは困るわけですし、借りる側にしてみても、借り入れがあまりにも多いというのは望ましい状況ではないので、そこは気を付けてほしいところです。



Copyright(c) 消費者金融を利用する際の手続き. All right reserved.